「オーダーメイドの名刺入れ」ビジネスマンは絶対こだわるべき!

imasia_8558516_M
 
名刺はビジネスマンの武器!
相手に自分の名前を刺す、そう、文字通り武器なのです。
そんな武器を納めるのが“名刺入れ”。
デキるビジネスマンならこだわりたいところです。
今回は僕のオススメ、簡単デザインで出来上がる
オーダーメイドの名刺入れをご紹介します!

スポンサードリンク
 
 
なんて今では力説する僕ですが、
社会人なりたてのころは、無印のアルミ名刺入れを使っていました。
 
しかしある日、仕事ができる憧れの課長の名刺入れが
シンプルな革製でかっこいいことに気づきました。
なんだか、落ち着いた大人の男でクレバーな課長の
生き様を表している感じが滲み出ていたのです。
 
 
それから気に入る名刺入れをネットで探すようになったのですが、
そこで名刺入れもオーダーメイドできることを発見しました。
発見したのは革製品のJOGGOという会社。
 

 
 
名刺入れはパーツごとに配色を自由にデザインできます。
また、メーカー名、自分の氏名も入れ方のデザインを選べ、
この部分でもオリジナルデザインを楽しめます。
 
 
 
ちなみにこれが僕がオーダーしたときのデザイン画面。
meisiire
 
外側はシンプルに黒。中に赤の差し色。
そしてポイントは中のベージュで柔らかさを持たしたところ。
黒と赤だけではちょっとキツくあたったんですよね。
PCの画面上でサクサクと操作でき、配色のデザインができます。
こちらをクリックしてデザインしてみる
 
 
 
そうしてデザインを送り、2週間弱で手元に届いた実物がこれ。
CIMG2924
 
デザイン画面どおりでしょ!←当たり前
白の塗りつぶし部分には僕の下の名前をローマ字で入れてあります。
ちなみに後日、この配色デザインがいいと、JOGGOの会社から電話がありました。
ホームページやFacebookページで載せさせてほしいと言う。
もちろん快くOKしましたが、こんなことも起こったりします(笑)
 
また、本革なので、革のにおいがするのもお気に入りのポイントです。
 

 
実際に名刺を渡した方から指摘されることはまだありませんが、
社内では僕がオーダーメイドの名刺入れを作ったことは話題になりました。
 
でも、この名刺入れ、オーダーメイドでも決して高くありません。
お値段は6,900円。
これで自分好みの名刺入れが持てるのですからお手軽です。
 
 
まずは、ここからのリンク先でデザインしてみるだけでも楽しいですよ!
 
 

 
 


「オーダーメイドの名刺入れ」ビジネスマンは絶対こだわるべき!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 男女ともにプレゼントに最高!簡単オーダーメイドのキーケース | かずのUPノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*