クリスマスが憂鬱じゃない!婚活をして本当に本当によかった。

クリスマスが憂鬱じゃない!婚活をして本当に本当によかった。 婚活

赤と緑のキラキラに暗い場所から追い立てられ、白ひげのおじさんとトナカイに「ヘイ!ユーは幸せかい?」と質問攻めを受けるイベント。それがクリスマスというイベント。

え?歪んでる?そうです、歪んでますね。間違いない。

でも、今年のクリスマスは白ひげのおじさんに「イエス!アイアムハッピー!オーイエス!」とゴキゲンに答えることもできるし、トナカイたちと手を取り合い街中をスキップして回ってもいい気分です。

・・・そう、今年の夏前に婚活イベントに行ったからです。

さて、冒頭のようなクリスマスというイベントに対する歪んだ認識。これを世間一般には「クリスマスの憂鬱」と言います。

自虐ネタにはうってつけのネタですが、「今年28歳。これではダメではないか」といよいよ思い立ったのが今年の春。「僕もトナカイと街中をスキップしたい」とは春には考えなかったけど、今、この季節になって、痛感しております。

 

行動だけが自分を変える

今、本当に思うのは、思い切って行動してみて良かった!ということ。

このサイトで地元の婚活パーティーを見つけ、参加しました。

関連記事⇒「婚活パーティー」ついに踏み込んだ新領域のレポート
関連記事⇒いい人どまりな人は絶対大丈夫。婚活ではとてもモテますよ。

 

昨日は足を伸ばして金沢まで遊びに行ってきました。

婚活イベントで知り合い、付き合うようになった彼女とです。はい。

“世界一美しい駅”であり、北陸新幹線も開通した金沢駅はきらびやかです。そんなきらびやかな繁華街でこの時期目にするのは、赤と緑を基調にしたキラキラ。白ひげのおじさんやトナカイの集団。天高くそびえ立つ装飾されたモミの木。

そう、クリスマスです。

記事の最初に貼った画像のような、そこかしこに立ち並ぶクリスマス雑貨を「かわいらしい」と純粋に思えるのはどのくらいぶりでしょう。

これまでは恨み、妬み・・・まではいかないまでも、とにかく胸締めつけられる強い憧れの対象でした。

人間とは単純なものです。打って変わって今年は、そのような雑貨たちを「かわいいね」と言い合える相手がいてなんとも楽しいです。

思い起こせば、婚活パーティーに申し込んだ日は、パソコンの前に座って深夜1時。日にちが変わってもうその日に開催が迫ったパーティーの申し込みに思い切ってクリックをした、あのときの僕のナイス判断。

それを改めて褒めてやりたいです。

 

このままではダメだと思ったら、これまでとは違う1歩を

今までの生活から違う一歩を踏み出す勇気。

人生を変えたかったらこれが大事なんですね。

それが大人になってしまった自分のために課せられた“自分への責任”です。

 

きっと、あなたにあうパートナーが見つかるはず

※僕が参加したのもこの会社のイベントです。
20代限定という企画もあり、思ったより居心地のいい会場でした。

 

 

 

コメント

  1. M.I.F より:

    今年のクリスマスも、真正面から「Yes I’m happy!」といえない予定になっておりますです(白目)
    付き合って3回目の冬ですが、未だ当日に会えたことはなくorz
    クリスマス本番25日は金曜(吐血)ということで少しベクトルの異なる嫉妬の炎を燃やしながら家に引きこもりたいです笑

    • かず かず より:

      そうなんですか。それはちょっとさみしいですね。お互いにお忙しいのでしょうが。
      まあまあ、日にちが多少過ぎ去ってしまっても、二人でお祝いできればきっと楽しいはずです。
      僕の大好きなMr.Childrenの隠れ曲に「2日遅れのクリスマス」って曲があります。あんな関係憧れます。
      よかったらyoutubeで見てみてください!URLこれです(笑)https://www.youtube.com/watch?v=UgLtGtUe8Fo