カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

70代の女性に言われた「体に気をつけてね」部署異動で涙

8f032958d7e0722fa8fad10c0b93538b
 
この4月から、部署が異動になり、担当する仕事の内容ががらりと変わりました。
社会人になって、遅ればせながら初めての異動。
デスクの引っ越しは大変で、不安もありましたが、
力いっぱい後押ししてくれたのは、お客さんの一言でした。
続きを読む

脱残業!長い時間働くことは愚かなことだと気づくべき。

15846465
 
プレジデントオンラインで、激しくうなずいてしまう記事を発見しました。
元ブラック役員はどうやって「社員が17時に帰る会社」を作り上げたか
ブラック企業という言葉はもはや普通に浸透してきています。
それだけ、身近にそういう企業があるということですよね。
この記事を読んで思ったのは、社員のほとんどが定時に帰ることは、
いい会社のバロメーターだろうというところです。
続きを読む

たくさんの封筒に超速でのり付けする我が社の裏ワザ

01
 
仕事で、大量の封筒を郵便で出すこと、たくさんあると思います。
僕のいる会社はこの作業を行うことがとても多く、
忙しいときにこれをやらなきゃいけないと「もー!」ってなります。
しかし、うちの会社には、超速で封筒にのり付けができるワザがあるのです。
続きを読む

メールも手紙もプレゼンも、 “あなたに” と “今”がキーポイント

516849+
 
がんばって気持ちを伝えようとして書いたのに、
自分が思うように相手には伝わらない。
次の展開につながっていかない。
メールや手紙、そしてプレゼンなどでもこんなふうに感じたことありませんか?
 
愛読サイトの「プレジデントオンライン」の記事より、
挨拶メール「1通だけ」で相手を口説き落とすコツ
というとてもイイ記事を見つけたので、感想を書きつつご紹介します。
続きを読む

「できない」「したくない」 “No!”と言えるのは有用な能力

チャーリー
 
「それはできません」という言葉は、なかなか口にできないものです。
特にビジネスの場面では、「できない」というセリフはNGワードの扱いです。
さらに「したくない」という言葉はもっと言いづらいですよね。
 
でも、最近はこの“No!”という主張ができることって、とても大事だし、
ときにはビジネスシーンでも必要になってくる能力だと思うのです。
いつも「なんとかやってみます」と言ってしまう“イエスマン”では、何とも味気ない。
今日は“No!”の有用性について考えてみたいと思います。
続きを読む

仕事で成果を上げる人は“共感力”が高い。

1502026top
 
この度結婚することが決まりまして、ここ毎週末式場を探していました。
そして、今日、ついに決まりました!
決め手はチャペルの雰囲気だったのですが、
その実、担当してくれた人がデキる人だったというのも僕はあったと思うのです。
 
とにかく「うんうん、そうですよね」とめちゃくちゃ共感してくれるのです。
ああ、こういう人がライバルにも競り勝って、実績を上げるんだな、と思いました。
この、僕たちを担当してくれた女性から学んだ“共感力”を、
自分への学びを深める意味でも振り返って着目してみようと思います。
続きを読む