カテゴリー別アーカイブ: 生き方・哲学

ラテラルシンキング自作問題『トイレを流さない男』


 
物事をいろんな方向から考える思考法「ラテラルシンキング(水平思考)」。ロジカルシンキング(水平思考)とは真逆のアプローチのこの思考法、本でもいろんな問題集があっておもしろいんです。
過去にもいくつかだけ関連の記事を書いていますが、今回は自作問題集の第2弾を考えついたので、書いてみようと思います。
問題のタイトルは『トイレを流さない男』。あなたはこの問題、解けますか?ぜひ挑戦してみてください!
続きを読む

大人の読書は主観ゴリゴリで読まなきゃもったいない。ハンス王子もウサギもきっといいやつだ。


 
読書って、いいですよね。あのゆっくりと流れる時間。字を追っているだけなのに、頭の中に広がる世界観。中でも特にいいのが、その物語の解釈を誰にも邪魔されず、否定されず、純粋に自分だけのものにできること。それこそが大人の読書の醍醐味ですよね。
続きを読む

仕事の能力を上げるより、人間性を磨く方が1万倍大事でしょう


 
今就いている仕事の知識や技術、そして経験が豊富なこと。それはとてもとても結構です。
しかし、それでも人間性が伴ってないと意味なんてありません。
人間性を磨くことこそ大事。そして磨き続けることが有意義な人生だと思いませんか?
続きを読む

人間関係のコツ。感情と言動の間に“円満フィルター”を使いましょう。

1+2+515
 
人間、感情的になるのは考えものです。
そのときは冷静さを欠いていて、周りが見えていません。
見えない周りが感情的な自分の言動を見てどう思うか。
その結果どう行動するようになるか。
この辺をきちんと考えるか考えないか。
このワンクッション、いわば“感情と言動の間のフィルター”
一枚あるかないかで自分の周りの人間関係は雲泥の差が出ます。
続きを読む

“柔和に受け入れる”ことこそ本物のプライド。デキる人のアビリティ。

CIMG5029
 
いつもイライラしていたり、すぐに相手に反発したり、
そういう人を見るとすごく不思議に思うこと。
「それって誰得なんですか?」
 
誰も得しない言動を自分一人の気分で取ってしまう。
そんな人のことを“自己中”と言います。
続きを読む

ステキ?陳腐?物事は本当に見方次第。

 
 
趣味で写真を撮るようになって思うこと。
それは「世の中ってステキだな」ということです。
突然言われても陳腐な言葉に聞こえるかもしれません。
 
でも、同じものでも見方を変えれば良くも悪くも見える。
というのことには、きっと納得していただけると思います。
ステキに見えるもするし、陳腐に見えもする。
写真を撮っているそれを強く実感するのです。
続きを読む