ミスチルファンです

【ツアーMCより】ツアータイトル“Against All GRAVITY”に込められた意味

5月25日(土)、ナゴヤドームにて、「Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”」に参戦してきました。ライブのなかの桜井さんのMCで、今回のツアータイトル、“Against All GRAVITY”に込められた意味についての話がありました。先のアルバム「重力と呼吸」とリンクしたこのツアータイトル名。GRAVITY(重力)についての桜井さんの考え方が印象的だったので紹介します。
考えたこと

新元号「令和」がもうすでに好き。「令」には「よい」という意味がある。

「令和」の「令」って改めてどんな意味?「令和」一目見た瞬間、かっこいいんじゃない!?と思ったのが第一印象でした。響きもいいし、漢字の見た目の形も画数もちょうどいいように感じたのです。そして、気になったのは「令」というこの漢字。どういう意味を持つものなのか、調べてみました。
いだてん

『いだてん』第9回。弱い人だからできることがある。大森兵蔵の強靭な精神に脱帽

『いだてん』の第9回、欧米かぶれした得体のつかみきれない人物だった大森兵蔵のイメージがガラリと変わった回でした。 「自分のような体の弱い日本人が出ないように」このセリフにはグッときてしまいましたね。
ミスチルファンです

リストバンドほしい!ミスチルドームツアー2019 “Against All GRAVITY”のグッズ内容

『Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”』のオフィシャルグッズが、3月1日から通販開始になりました。 今回はどんなグッズがあるか見ていると、Tシャツもカッコイイし、ポーチも新アイテムですね。 個人的にはリストバンドがデザイン的にも機能的にも良さそうで絶対ほしい!グッズの内容について僕の所感をまとめます。
ブログの運営

のんくら本セミナー名古屋会場の感想。学んだことと行動宣言

参加したのは名古屋会場。講師はのんくらさん、a-kiさん、石田健介さん。著者3人に実際に会いつつ講義を受けられる豪華で最高の学びの機会となりました。 学んだこと(詳しい内容は書けないのでかきません)と、このセミナーを受けての行動宣言を書きたいと思います。
いだてん

『いだてん』第5回。「陸王」とのリンクも?足袋の播磨屋と金栗四三の関係にワクワクする。

『いだてん』の第5回、1話で金栗四三という人物が羽田のオリンピック予選で世界記録を出した。その詳細がわかる話でおもしろかったですよね。 僕が今回の話で一番ワクワクしたのは、足袋で走る金栗四三と、足袋屋の播磨屋の付き合いがここから深まっていくんだろうなと予感できたこと。 こういう男と男のアツイつながり的なのが大好物なんです。
仮想通貨

迷ったけど仮想通貨投資を開始!ビットポイントで口座開設しました。

現在はFX一本の僕の投資。でもこの他に“分散”と“積立”でできる投資もしたいと考えるようになりました。そこで目をつけたのが話題の仮想通貨。今はバブルがはじけ、価格が落ちていますが、使い勝手の良さや手数料の安さというところに注目すると、今後「便利!」「使いたい!」という人が増えるのではないか。正直悩みました。しかし、やってみることにしました。そのプロセスを書いていきます。
いだてん

『いだてん』第4回。水抜き脂抜きは危険たい。「走りたいから走る」は僕らの希望

『いだてん』の第4回、金栗四三が見つけた練習法「水抜き脂抜き走法」、これは強烈ですね。今の時代とはまったく逆行する練習法です。 でも、最終的に四三はこの練習法の無謀さに気づき、「自然に従え」と自分に言い聞かせました。 「走りたいから走る」、楽しんで何かに取り組むということの大事さを残してくれたのは、金栗さんの大きな功績だと僕は思います。
いだてん

『いだてん』第3回。何者かになるためには不可欠。熱中する何かの見つけ方

『いだてん』の第3回、見ましたよ!今回の話で金栗四三がついにマラソンに出会いました。 僕が印象に残ったのは、四三の兄、実次の言葉でした。 「ひとかどの人間になるには熱中する何かば見つけるこったい」 うん、そのとおりですよね。第3回の感想を書きつつ、僕なりの熱中する何かの見つけ方を書きたいと思います。
かずのオススメ

新社会人にもオススメ!お手頃オーダーメイド名刺入れを注文しました。

前まで使っていたお気に入りの名刺入れが壊れてしまいました。 落ち込んでいたのですが、そのおかげでこの“オーダーメイド名刺”入れに出会えました。 一瞬で「これ絶対ほしい!」と夢中になり、デザインをオーダー。すぐにそのまま注文してしまいました。