「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。

思考は現実になる

シリーズで書いている「思考は現実になる」カテゴリーの第6段です!
今回はパム・グラウトさんの著書「こうして、思考は現実になる
のなかの実験4の紹介と、僕自身が実際に取り組んだ過程と結果を紹介します。

“考えたことが現実になる”という経験ありませんか?
実験4は、ついに、欲しいものを思考の力で手に入れる体験をする実験です。
今回もばっちり結果が出て、うれしい反面、なんか怖いです(笑)

欲しいものを手に入れる実験

この実験4の実験タイトルは、その名も「アブラカタブラの法則」
自分が欲しいもの、しかも物質的なものを、思考することで現実に
手に入れる、そんな体験をするための実験です。
 
 
こうして、思考は現実になる

たどり着きたい場所を目指せ

実験4の説明の導入で、著者は、
「辿りつきたい場所にはどうやって行けばいいのか」という疑問に対し、
それは簡単だ。行きたい場所に意識を集中すればいいのだ。
と書いています。
 
「いい仕事も素敵な恋人も存在するけど、私には縁がない」
と考えるのではなく、
「新しい仕事はきっとすばらしい。そして今隣にいるこの人はなんて素敵なんだろう」
というように思考するようにと、著者は主張しています。
 
これまでの過去記事でも紹介してきましたが、
僕たちの思考は宇宙とつながっていて、
それによってすべてのものとつながっている。
というのが著者の徹底して伝えようとしているところです。
 
つまり、“引き寄せ”。有名なあれですね。
僕はこの本を読み、本にある実験に取り組むまで、
この“引き寄せ”という事実無根な考え方、めちゃくちゃ懐疑的でした。
 
しかし、上に紹介した過去記事の通り、実験で思考が現実になる体験を
実際にしてしまってからは、僕の世界観が狭かっただけかもしれない
と感じるようになってきました。
 
前置きが長くなりました・・・。
とにかく、欲しいものがある!それを手にしたい!という人は、
実際にそれを手に入れた自分をイメージし、“思考”する。
これでいいのだ、と著者は書いているワケです。

実験内容

ただ考えるだけで、何もないところから何かを出現させることはできるか?
というのを体験するのが今回の実験4の内容であり、目的です。
 
制限時間は24時間。
自分が「これが欲しい!」と思うものを決め、それを制限時間内、
思考する(イメージする)ようにします。
やり方としてはこれだけ。
 
ただ、著者は、いきなり「BMWが欲しい!」と思考するよりも、
最初はもう少し現実味のあるもの、例えば、劇場の最前列のチケットや、
恋人からの花束などを目標にしてみるといいと書いています。

 

僕が行った実験

さて、ここからは僕が実際にこの実験4に
取り組んでみたことについて書いていきたいと思います!
 
それにあたり、まず断わっておきたいことがあります。
この実験を僕がやったのは昨年の11月始めです。
つまり、こうしてブログに書くのが、かなりかなり遅くなった。
ということです。
この大前提、とっても大事なのです。
この先を読んでくださる方、どうぞお忘れなきよう。
 
 
では、大前提を押さえたところで、僕がこの実験で欲しがったもの。
それを発表します。
 
僕は、大好物のお雑煮が食べたい!
というのを目標に置きました。
 
ここで大前提が大事になります。
お雑煮は言わずもがな、お正月の料理。
それを大好物だからって11月初旬に食べたいと希望したのです。
 
BMWよりは現実的だけど、お正月にはまだ2ヶ月ほど遠い、
そんな時期にお雑煮を欲しがるというのは、なかなかハードル高めでしょ?
だから、制限時間の48時間、つまり2日の間、
もっと落とし込むと6食の間にお雑煮が出てこないといけないのです。
 
なので、実験を開始した僕の気持ちは、
「今回こそ、そうううまくいかないだろう」という気持ちでした。
でも、思考の力が宇宙につながっていることを信じていることが
すべての実験に取り組む大前提なので、
実験するにあたり、そこは完全に信じ込んで挑みました。
 
 
 
  

実験結果

さて、2日以内に僕はお雑煮を手にできるのか。
時系列で書いていきますね。
 
1日目が普段通り経過し、やはりお雑煮はキツかったか・・・
と思い、実験2日目を迎えました。
この日は平日なので普通に仕事の日。
 
昼休み頃に、今日は休みだった母親からLINEが入りました。
「おじいちゃんとおばあちゃん(母方の)と昼ご飯に来ています(^^)」
・・・ほ、ほう。そうですか。それは有意義なお休みで。
突然の、しかも何の脈絡もない母親LINEにどう返そうか悩み、
結局テキトーに返事をしたと思います。
 

そして、無事この日の仕事も終わり、帰宅。
ついに夜ご飯ですが、残念。お雑煮の気配すらありませんでした。
 
実験は失敗だったか・・と思ったそのとき。

母親「おじいちゃんから、おもちもらったよ」
という一言。
僕はびっくりして、「なんでまたおもち!?」と聞き返しました。
そうしたら、
母親「地区のお祭りのイベントでもち撒きしてたから拾ってきたんだって」
との返し。
 
き、きたーー!もち!もちがキターー!
 
そしてすぐに運命の瞬間がやって来ます。

母親が「あんた好きだし、明日の朝お雑煮作るか?」
と行ったのです。
ここに僕はもちろん「イエス!」と返事。 
 
 
こうして、びっくりすることに、マジで11月頭にお雑煮を手に入れました。
正確に言うと、制限時間は少しオーバーして次の日の朝食でしたが、
お雑煮が食べられることが決まった時点のことで言えば、制限時間内でした。
 
第一、もちがこのタイミングで手元に舞い込んでくること自体が
もう何とも言えない奇跡!こんなことってあるんですね!
という体験を今回もしてしまいました。
またもちの登場の仕方が面白いですよね。もち撒きって(笑)
 
 
こうして、今回の実験は大成功に終わり、僕は大好物にありつくことができました。まさしく「アブラカタブラ」、魔法のようです。

こう実験に成功して自分で体験するとなんだか怖さも感じます。
思考は現実になる・・・これは真実なんではないかと、
もう僕は思ってきてしまっています。
 
実は、続く実験5をこれを書いている現在実行中です。
だいぶ間があきましたが、この実験5についても制限時間は48時間。
結果が出たらまた続編を書きたいと思います!
 
 
 
【シリーズ過去記事】
考えたことが現実になった経験ありませんか?「こうして、思考は現実になる」
「こうして、思考は現実になる」実験1:カステラ焼きを手に入れる
「こうして、思考は現実になる」実験2に取り組んだ結果がヤバイ・・・
「こうして、思考は現実になる」実験3については、正直“う~~ん”
「こうして、思考は現実になる」独自実験をしてみた結果に驚愕した件
「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。
【思考は現実になる】一枚のレシートを拾って捨てたらプリンをもらえた話
「こうして、思考は現実になる」実験5の結果は体験失敗でした。
⑨「こうして、思考は現実になる」実験6の結果。念を送った方のインゲンが異様に伸びて驚愕の結果に!
 

コメント

  1. […] シリーズで書いている「思考は現実になる」カテゴリーの第5段です! 今回は「こうして、思考は現実になる 」という本には、 自分の思考が現実に作用することの仕組みの解説と、 それを実際に体験するための事件が9つ書かれているのですが、 今回は“思考は現実になる”という著者の主張を全面的に信用して、 ある探し物をしたときの話です。   結果から言うと探し物はバッチリ見つかったのですが、 その過程が驚愕だったのでご紹介です。 スポンサードリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});     こうして、思考は現実になる     【関連記事リンク】 ①考えたことが現実になった経験ありませんか?「こうして、思考は現実になる」 ②「こうして、思考は現実になる」実験1:カステラ焼きを手に入れる ③「こうして、思考は現実になる」実験2に取り組んだ結果がヤバイ・・・ ④「こうして、思考は現実になる」実験3については、正直“う~~ん”⑤「こうして、思考は現実になる」独自実験をしてみた結果に驚愕した件⑥「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。 […]

  2. […] ⑥「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。     ◆レジの足元に落ちていた一枚のレシート […]

  3. とおりすがり より:

    意図したものが表れる量子力学的にはそういわれてるので、
    この場合少し疑ったから、時間がずれたのでしょう。

    • かず かず より:

      コメントありがとうございます!
      量子力学的にも意図のエネルギーは認められているのですね!
      なるほど、そう考えると結果はまさしく思考のとおりになったということで納得がいきます。
      本当に面白いです。ありがとうございます。

  4. ちゃげ より:

    初めまして!
    今日、メダカのえさを買いに行って見つからず、その足で古本屋さんに寄って、「こうして、思考は現実になる」をふらっと手にして帰宅しました。
    その後メダカのえさについて調べるために検索するうちにこちらのサイトにたどり着き、
    こうして、思考は現実になるに書かれている実験と結果についてのレヴューを目にしてしまい
    なんの由縁かと驚いて書き込みしています。
    メダカについても、この本の実験についても、また真田丸の感想と考察についても
    どれもとても面白く、本当に有意義でした!
    これからも楽しい体験談や感想など、頑張ってください♪応援しています!

    • かず かず より:

      コメントありがとうございます!すごくうれしいです。
      本当ですか。ホントに何の縁でしょうね(笑)
      さらに真田丸もご覧なんですね!
      『思考は現実になる』シリーズの記事、途中で止まってしまってるんですよね。
      ちゃげさんのコメントを機に再開したい気持ちになりました!
      今、とても忙しく、更新も遅くなってしまっていますが、頑張って書き続けます!
      またぜひ遊びに来てください(^^)

  5. […] ⑥「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。 […]

  6. […] ⑥「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。 […]

  7. […] ピンバック: 「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。 | かずのUPノート […]

  8. […] ピンバック: 「こうして、思考は現実になる」実験4の結果も大成功で逆に怖い。 | かずのUPノート […]